2021長崎遠征 その4 世界文化遺産 原城へ!

2021.11.03(水)文化の日

f:id:kog12gnyan:20220124011000j:plain

f:id:kog12gnyan:20220124011015j:plain

f:id:kog12gnyan:20220124011029j:plain

f:id:kog12gnyan:20220124011043j:plain

f:id:kog12gnyan:20220124011058j:plain

f:id:kog12gnyan:20220124011111j:plain

f:id:kog12gnyan:20220124011129j:plain

f:id:kog12gnyan:20220124011141j:plain

f:id:kog12gnyan:20220124011154j:plain

f:id:kog12gnyan:20220124011211j:plain

 

原城へ!

島原城を15時半ごろ出発して、目指すは原城。まず、続100名城スタンプのある「有馬キリシタン遺産記念館」へ!

島原城から記念館まではマップアプリで約30km(車で40分)、実際の到着は16時11分。

日暮れとの競争ですが、記念館を予定よりじっくり見学したので、お城に着いたのは17時を過ぎてしまいました。

kog12gnyan.hatenablog.com

 

世界文化遺産

原城世界文化遺産長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産の構成資産のひとつ。

f:id:kog12gnyan:20220124011311j:plain

二ノ丸に記念碑がありました。後方は本丸です。

 

島原の乱について(個人的に印象に残ったこと)

キリシタン大名有馬氏の時代、島原など有馬領では「仏教受難の時代」であったこと。寺社は破壊され、僧侶は迫害され、いかに由緒ある仏像であろうとも炊事用の薪とされたとのこと

・有馬氏の後に来た松倉氏の圧政が一揆の原因であること。記念館の手紙をみると「使役、重税を止めてくれればキリスト教から改宗しても構わない」ともあり、キリシタン弾圧もあったが、一揆の直接の原因ではないみたい。

一揆勢に脅されて無理やり一揆に参加させられた方々がたくさんいたこと。

島原の乱鎮圧の上使となった板倉重昌さんはわずか1万5千石の大名だったこと。そのためか西国諸侯が従ってくれず、総攻撃を試みたけどやっぱり足並みが揃わず、残念ながら敵弾に斃れたこと。(三ノ丸に碑がありました)

原城は落城後、徹底的に破壊され、皆殺しとなった一揆勢2万数千(3万7千?)と共に埋められたこと。

島原の乱を引き起こしたとされる松倉勝家さんは、責任を問われ斬首刑になったこと。(大名なのに切腹も許されなかった)

島原半島南部では、一揆で領民が死に絶えてしまい、幕府は強制移民令を出し九州一円、小豆島などから移民が行われたこと。

島原の乱(1637年)は江戸時代最後の大きな内戦だったこと。それから幕末まで平和な時代が続いたこと。

 

17時を過ぎての攻城開始のため、実質30分位で早々に撤収です。街灯も無く、暗くなるとさすがにこの城ちょっと怖い。

もう一泊スケジュールして、島原城の後は雲仙の温泉に泊まり、翌日原城日野江城をじっくり見学とすべきでした。

 

原城の猫

f:id:kog12gnyan:20220124011340j:plain

撤収中に大手門跡で見かけた猫。しっぽは曲がってなかったような・・・まあここは島原ですが。結局、この遠征で見た猫はこの子と玖島城の2匹のみでした。

 

車に戻ると18時半、急ぎ長崎へ戻ります。

ナビのお勧めは来た道ではなく、半島南部を山道でショートカットして西側の海岸へ出るルート、ホテルまで約65km(90分)と出ています。

暗闇の山道を頑張って走ってホテルに戻ったのは20時過ぎ。もうラウンジのカクテルタイムとか大浴場とか言っている場合ではありません。ひつじさんが探した、駅近で遅くまでやっている居酒屋さんへ!

 

「長崎居酒屋  kazu」さん

f:id:kog12gnyan:20220124011355j:plain

ここは大当たりでした。

 

まずはビールと梅酒で乾杯

f:id:kog12gnyan:20220124011411j:plain

 

長崎県産鮮魚の5点盛り 1520円

f:id:kog12gnyan:20220124011424j:plain

 

長崎県産黒毛和牛のローストビーフサラダ 1080円

f:id:kog12gnyan:20220124011440j:plain

 

お酒を追加で焼酎を!

壱岐スーパーゴールド グラス500円

 

長崎ハトシ 550円、 手仕込みアジフライ(1枚)220円

f:id:kog12gnyan:20220124011457j:plain

揚げたてのアジフライ最高です!

 

◎〆の逸品 自家製ゴマたれ海鮮丼ミニ 600円

f:id:kog12gnyan:20220124011516j:plain

鮮魚の5点盛とキャラ被りですが、これも美味しい!

 

本当に美味しかったです。

お会計は6,660円、ごちそうさまでした。

 

長崎は路面電車の街

f:id:kog12gnyan:20220124011534j:plain

21時から22時半まで飲んでホテルに戻ります。(もう映画も間に合わないし・・)

明日はもう最終日です。(コジカ)

 

そっか! 原城は島原かっ! 

それで尾まがり猫じゃなかったんですね。なっとく。

 

島原の乱』というとキリシタンの迫害というイメージでしたが

キリシタンの暴動」と位置付けたのは噂の松倉の殿様らしいです。

どちらかというと松倉の殿様の圧政に向けた内乱だったのね。

 

そして、そのキリシタンの歴史を見ると・・・

1534年 フランシスコ・ニャビエルがイエズス会を作る。

そして宣教師たちが、日本での布教に頑張ったわけですが

この時、イギリスではヘンリー8世が世継ぎに男の子が欲しかった!

なんのこっちゃ ですよね。

ヘンリー8世は娘メアリー1世がいたけれど、男の子には恵まれなかった。

今の妻ではもう出産は出来まい。

しかし、カトリックは離婚は禁止。

愛人アン・ブーリンは結婚を要求。

ええいっ、改宗じゃっ!

というわけでヘンリー8世は1534年にカトリック教会を離脱して

イングランド国教会に改宗しました。

その後 生まれたのはエリザベス1世

ここんところは『ブーリン家の姉妹』

ふたりの女王 メアリーとエリザベス』

など映画のテーマにもなっているのでイメージが沸きますねぇ。

そしてイギリスに抜けられたカトリックは非常に厳しい状況にありました。

そこで遠く日本に目を向けて 富裕層にアプローチした。

信者も増やせるし、寄付金もゲットできるもんね。

というわけで 長崎にはキリシタン大名が増えていきます。

信長もキリシタンを容認していたし、南蛮貿易も魅力だし、

秀吉も容認路線を引き継いでいたんですね。

しかし信長死後、1587年島津氏と戦いに来ていた秀吉は九州の様子を見てビックリ。

キリシタンは神社仏閣を破壊してるし、日本人を奴隷として国外に売り飛ばしてるし、

大村クンも有馬クンも領地をイエズス会に差し出してるし(*_*)

秀吉は 即、博多で『伴天連追放令』を出しました(交易や信仰は禁止ではなかった)

このままで行くと日本は伴天連に乗っ取られてしまう。

1597年には宣教師と信者26人を処刑しますが(『26聖人の殉教』)

これもスペインへの牽制だったようです。(Wikipedia東洋経済オンライン参照)

長くなりました・・・

島原の乱1637年はここから40年後。

大村の殿様は柔軟に対応して仏教に改宗。おかげで領民もお目こぼし。

(しかし、最後はキリシタンに殺された疑惑も・・・)

有馬の殿様は『岡本大八事件』で甲斐に流され切腹

その家臣は武士から百姓の身分となり、松倉の殿様に対しての内乱を主導する。

そして島原の乱がきっかけで日本は長い鎖国時代に突入します。

う~ん、島原、実に壮大な物語でありました。(ヒツジ)

 

 

原城 続日本100名城スタンプラリー第四十四回

2021.11.03(水)

 

原城 続日本100名城スタンプラリー第四十四回

今回は長崎県南島原市南有馬町乙の「原城」です。

原城キリシタン大名有馬晴信さんが日野江城の支城として築いたもので、1604年ごろ完成したようです。

有馬氏の転封で一時天領、その後松倉氏の支配となり、1618年島原城築城開始に伴い廃城となりました。

1637年から1638年に起こった島原・天草一揆島原の乱)では一揆勢の籠城の拠点となり、落城後徹底的に破壊されました。

 

本丸の櫓台跡(天守台跡)

f:id:kog12gnyan:20220112080139j:plain

この場所に天守相当の三層の櫓があったと推定されています。

続100名城スタンプは、「有馬キリシタン遺産記念館」でGETしました。

f:id:kog12gnyan:20220112081205j:plain

 

15時過ぎに島原城を出て、「有馬キリシタン遺産記念館」に到着したのは16時11分。時間が無い中でも展示をじっくり見ていたので、お城に着いたら17時を過ぎてしまいました。

大手口駐車場(原城跡駐車場)に車を止めて攻城へ!

日暮れとの競争です。

 

大手門跡から三ノ丸に入ります。

f:id:kog12gnyan:20220112125136j:plain

この時点ですでに17時11分。

 

二ノ丸を進みます。

f:id:kog12gnyan:20220112125158j:plain

道の左側が二ノ丸でその先は海、右側が二ノ丸出丸で幕府軍と対峙した最前線の方向です。

 

基本は土造りのお城です。

f:id:kog12gnyan:20220112125215j:plain

 

 

二ノ丸を更に進んで本丸が見えてきました。本丸のみ総石垣造りです。

f:id:kog12gnyan:20220112125231j:plain

本丸左手前の低くなっているところは蓮池、右手には空堀を掘り本丸を島のようにして守っていたようです。

その本丸正門前の空堀

f:id:kog12gnyan:20220112125246j:plain

 

国内最大級の虎口遺構

本丸正門から続く、コの字のルートは国内最大級の虎口遺構だそうです。このルートは隅櫓や多門櫓に囲まれていたと推定されています。

 

本丸正門跡

f:id:kog12gnyan:20220112125324j:plain

位置関係から本丸正門と考えられ、櫓門であった可能性が高いそうです。

 

本丸正門を内側から見る。

f:id:kog12gnyan:20220112125343j:plain

立っている場所は隅櫓・多聞櫓が建っていたと思われる場所。正門から入って左折(写真右へ)してコの字を上がっていきます。

f:id:kog12gnyan:20220112125405j:plain

左端が本丸正門、遠方の小屋の手前でまた左折して埋門へ

 

埋門跡

f:id:kog12gnyan:20220112125435j:plain

逆コの字の最後は埋門であったようです。

 

本丸門跡

f:id:kog12gnyan:20220112125452j:plain

本丸へ続く最後の門で櫓門であったと考えられています。

 

本丸は総石垣造りだったのですが、一揆の後で幕府軍によって破壊されているため元の姿は想像するしかありません。

現地では「原城VR」で築城当時と一揆当時のイメージのフルCG映像が楽しめます。(現地で気付きましたが、日暮れとの競争だったのでトライしませんでした)

 

本丸の櫓台跡(天守台跡)からみる有明海

f:id:kog12gnyan:20220112125518j:plain

幕府側はオランダ船を頼んで艦砲射撃も行ったそうです。外国船からの砲撃は外国からの援軍は来ないことを知らしめるパフォーマンスだったのでしょうか。

 

本丸に抜け穴!?

これは大雨(2021年8月)による陥没とのこと。また、海沿いの崖も一部崩れたそうです。

f:id:kog12gnyan:20220119223226j:plain

穴は直径5メートル、深さ5メートルもあるそうです。

1963年(昭和38年)の豪雨でも突然穴が出来たそうで、海岸の(抜け穴とされる)横穴とつながっているのではと調査したそうです。(wikiでは抜け穴となっています)

今回の穴は抜け穴なのか、それとも単なる陥没なのでしょうか?

 

本丸東側より本丸正門方向・二の丸方向をみる。

f:id:kog12gnyan:20220119012530j:plain

雲仙普賢岳が見えます。

 

本丸・池尻口門跡

f:id:kog12gnyan:20220112125628j:plain

本丸を出て帰路につきます。

 

崩された石垣の様子。

 

f:id:kog12gnyan:20220112125649j:plain

落城後、幕府軍は城を徹底的に破壊して、皆殺しとなった一揆勢のご遺体と共に埋めてしまいました。発掘調査を行うと骨がたくさん出てきたそうです。

 

大手門跡へ向かい、撤収します。

f:id:kog12gnyan:20220112125710j:plain

この時点で17時43分。写真ではまだ明るく写っていますが、実際はかなり暗くなっています。

 

2万数千と言われる一揆勢の老若男女が皆殺しとなり、埋められたというこの城、街灯もなく暗くなるとちょっと怖いです。海側も回りたかったですが、ここで終了。

 

日野江城(ひのえじょう)は残念ながら見送りとなりました。

 

原城、ミッションコンプリートです。(コジカ)

 

※このページの内容は「有馬キリシタン遺産記念館」でいただいたパンフレット「世界文化遺産 原城跡」を参考とさせていただきました。

2021長崎遠征 その3 島原城へ!

2021.11.03(水)文化の日

f:id:kog12gnyan:20220108122931j:plain

f:id:kog12gnyan:20220108122944j:plain

f:id:kog12gnyan:20220108123009j:plain

f:id:kog12gnyan:20220108123022j:plain

f:id:kog12gnyan:20220108123035j:plain

f:id:kog12gnyan:20220108124942j:plain

f:id:kog12gnyan:20220108124959j:plain

f:id:kog12gnyan:20220108125015j:plain

f:id:kog12gnyan:20220108125028j:plain

f:id:kog12gnyan:20220108125054j:plain

f:id:kog12gnyan:20220108125118j:plain

f:id:kog12gnyan:20220108125143j:plain

 

本日の朝食はオールデイダイニングレストラン「ディ・バート」で!

f:id:kog12gnyan:20220108125610j:plain

セレクトはこんな感じ。

 

朝食後はひつじさんリクエストで町猫を探しにそのまま外へ

ヒルトンの周りは再(?)開発地帯で民家も無く、猫は全くいません。

上着も持ってなかったので寒くてすぐに撤収です。

 

島原城へ!

10時過ぎにホテルを出発して、島原城へ。

ホテルから島原城迄は、マップアプリで1時間18分(約64km)ですが、今日は旗日で道が混んでいて到着は12時を過ぎてしまいました。

kog12gnyan.hatenablog.com

 

天守からみる熊本方面

f:id:kog12gnyan:20220108125656j:plain

有明海の向こうに見えるのは阿蘇山でしょうか。

 

島原大変肥後迷惑

(という災害があったんだって)

1792年5月21日夕刻、島原市の西にそびえる眉山は大地震によって大崩壊しました.その土砂は有明海に流れ込み、大津波を起こしました。その被害は、島原半島ばかりではなく、対岸の熊本側まで及び、有史以降日本の火山災害史上最大の被害となっています。(島原半島世界ジオパークHPより)

島原城から見る眉山

f:id:kog12gnyan:20220108125711j:plain

山体崩壊で発生した大量の土砂が左手の有明海に一気に流れ込んだそうです。ところどころに見える小さな森や小島は、それで出来た「流山」とのこと。

 

お城調査に走り回っていたら、あっという間に14時になってしまいました。

お昼を探します。

お城のそばの「姫松屋 本店」さんは混んでいて入れそうにありません。

少し歩いて見つけたのは「天下の味処 ほうじゅう」さん

f:id:kog12gnyan:20220108125732j:plain

 

いぎりす(海草の練りもの) 350円

f:id:kog12gnyan:20220108125744j:plain

 

「島原ならでは ガンバずし定食」1400円

f:id:kog12gnyan:20220108125756j:plain

ふぐの押し寿司、かんざらし具雑煮

 

フグ唐揚 800円

f:id:kog12gnyan:20220108125807j:plain


ごちそうさまでした。島原名物を楽しむことが出来ました。

 

もう15時を過ぎました。

大変だ!時間がありません。

ここは「鯉の泳ぐまち」でしたが散策は省略。

ほうじゅうさん前の「鯉の泳ぐまち 観光交流センター」の鯉をちょっとだけ・・・

f:id:kog12gnyan:20220110110032j:plain

大きいのはちょっとグロイかな

 

急ぎ、「原城」へ向かいます。(コジカ)

 

 

2021コジカアワード

f:id:kog12gnyan:20220102080643p:plain

2021年のコジカアワードです。

 

2021年に劇場で鑑賞した映画について、記憶に残った作品をピックアップします。

昨年同様新型コロナの影響で劇場鑑賞作品が少ないため「邦画・洋画総合」版です。

で、2021年の劇場鑑賞作品数はのべ85本

内訳は邦画は49本、洋画は36本です。

2020年より少ないです。

(因みに過去作の配信鑑賞は26本でした。家では時間があってもなかなか集中して観るのは個人的に難しいです)

 

「007/ノー・タイム・トゥ・ダイ」(NO TIME TO DIE)

f:id:kog12gnyan:20220102112149j:plain

ダニエル・クレイグさんのこのシリーズ好きでした。

最後となってしまったのは残念です。

 

 

「砕け散るところを見せてあげる」

f:id:kog12gnyan:20220102112543j:plain

石井杏奈さん、中川大志さん主演のサスペンス。

SABU監督の作品は強烈で、こういう作品好きです。

 

 

「ラストナイト・イン・ソーホー」(LAST NIGHT IN SOHO)

f:id:kog12gnyan:20220102114137j:plain

60年代と夢でシンクロするスリラー作品(ホラー?)

エドガー・ライト監督、話の展開がうまい!

これよかったです。

パルコさんいい作品持ってきますね。

 

 

「マイ・ダディ」

ムロツヨシさん主演の家族ドラマ。

ストーリーもよかったですが、ムロさん良かったですね。

 

家族ドラマとしてもう一本

そして、バトンは渡された

永野芽郁さん、田中圭さん、石原さとみさん共演のこの作品、原作は2019年の本屋大賞とのことです。

 

 

 

「東京リベンジャーズ」

北村匠海さん主演の人気コミックス実写映画化作品。

青春映画でいちおうSFで、なんだか楽しかったです。

 

 

若者の映画と言えば他にも

「花束みたいな恋をした」

f:id:kog12gnyan:20220104203820j:plain

菅田将暉さん、有村架純さん主演のラヴストーリー

インスパイアソング:Awesome City Clubさんの「勿忘」も印象的でした。

 

「明け方の若者たち」

f:id:kog12gnyan:20220104204555j:plain

北村匠海さん、黒島結菜さん主演の学生から社会人へと成長(?)する青春ドラマ。大晦日公開のこの作品、2021年の映画納めとなりました。

 

子供はわかってあげない

f:id:kog12gnyan:20220104235649j:plain

上白石萌歌さん、細田佳央太さん主演の高校生の青春ドラマ

なども印象に残りました。

 

時代劇ではこの2本

るろうに剣心 最終章 The Beginning」

f:id:kog12gnyan:20220104125513j:plain

「シリーズ最高傑作」とありますが、確かにこのシリーズの中でいちばんよいと感じました。

純粋に幕末物のドラマとして楽しめる作品です。

 

燃えよ剣

f:id:kog12gnyan:20220104130041j:plain

司馬遼太郎さんの小説を豪華キャストで映像化した大作!

うまく1本の作品に収めてありました。

 

最期に

「すばらしき世界 」

西川美和監督が役所広司さん主演で描く人間ドラマ。

ノンフィクション小説が原案とのことで、重く考えさせられる作品でした。

 

以上です。

見逃してしまった作品がたくさんありましたが、この状況下で結構頑張ったのではないかと思います。

 

今年も良い作品にたくさん出会えますように!!(コジカ)

2022壬寅

春風駘蕩

f:id:kog12gnyan:20220104212326p:plain

2022壬寅

「今度はキミたちが鬼だからね」

でんぐり返ってコトラはピューッと走り去る。

しばらくしてまたスゴい勢いで戻ってきて、

息を切らしながらこう言ったんだ。

「聞こえた?鬼は追いかけるんだよ」

オニハオイカケル

それは久しぶりの言葉で直ぐには理解できなかった。

…どっこいしょ

とりあえず、歩いてみる?

ごっこは今度にして

いまは一緒にお散歩しようか。

 

島原城 日本100名城スタンプラリー第五十二回

2021.11.03(水)

 

島原城 日本100名城スタンプラリー第五十二回

 

今回は長崎県島原市城内の「島原城」。

1637年(寛永14年)の島原の乱では一揆軍の猛攻に耐えた堅固な城です。

f:id:kog12gnyan:20211227192334j:plain

本丸東南隅より。中央が天守、手前が「巽櫓」、左端に「丑寅櫓」

 

1964年(昭和39年)に復元(復興)された五層の天守

f:id:kog12gnyan:20211227195948j:plain

大きいです。

日本100名城スタンプは天守でGETしました。

 

最上階の様子。

f:id:kog12gnyan:20211227200256j:plain

規模が大きいので最上階も広いです。

 

天守から見る西・雲仙方面

f:id:kog12gnyan:20211227200432j:plain

手前は1960年(昭和35年)に外観復元された「西櫓」

 

天守から見る北・二の丸方面

f:id:kog12gnyan:20211227200918j:plain

写真中央が二の丸跡に建つ、「島原文化会館

右手の海は有明海です。

 

天守から降りて、本丸まわりを見てみます。

本丸西南隅の様子。

f:id:kog12gnyan:20211227201438j:plain

屋根が見えているのは「西櫓」

左手は現在の出入口、もともとここに出入口はありませんでした。

 

ぐるっと回って、本丸東南隅(最初の写真)

「巽櫓」は1972年(昭和47年)外観復元

 

もう少し回って「丑寅櫓」

f:id:kog12gnyan:20211227202507j:plain

1980年(昭和55年)に外観復元。

 

もう少し進んで二の丸

f:id:kog12gnyan:20211227202625j:plain

左が本丸、右が二の丸。

二の丸から本丸に渡る「廊下橋」があり、本丸への唯一の入り口でした。

f:id:kog12gnyan:20211227204425j:plain

 

二の丸から見る、本丸入り口。

f:id:kog12gnyan:20211227204531j:plain

現在のような階段は無く、この右側に廊下橋が架かっていたようです。

中央に天守、左端に「丑寅櫓」が見えます。

 

ここを進んで本丸に戻りましたが、急いでいたので写真を失念しました。

本丸の正面玄関だったのに・・・

 

最後に本丸を出て大手門跡

f:id:kog12gnyan:20211227205534j:plain

一部ですが石垣が残っています。

 

松倉重政さんにより、1624年(寛永元年)に完成した島原城、4万石の城とは思えない立派なお城でした。

 

島原城、ミッションコンプリートです。

次は一揆軍が籠った「原城」へ向かいます。(コジカ)

2021長崎遠征 その2 祝ヒルトン長崎 開業!

2021.11.02(火)

f:id:kog12gnyan:20211224202935j:plain

f:id:kog12gnyan:20211224202950j:plain

f:id:kog12gnyan:20211224203012j:plain

f:id:kog12gnyan:20211224203032j:plain

f:id:kog12gnyan:20211224203053j:plain

f:id:kog12gnyan:20211224203106j:plain

f:id:kog12gnyan:20211224203127j:plain

f:id:kog12gnyan:20211224203152j:plain

 

玖島城を出て大村ICから長崎自動車道に乗り、長崎へ

 

ヒルトン長崎 開業!

今回の遠征の目的の一つは、昨日(2021.11.01)オープンしたヒルトン長崎さんに泊まること。

f:id:kog12gnyan:20211224203514j:plain

場所はJR長崎駅西口正面です。

左側に続く施設は、同時オープンとなった「出島メッセ長崎」(常設展示場複合型MICE施設)

右側の建物は駐車場

予約時点の公式HPでは、たしか「近隣の公共駐車場のご利用をお願いいたします」とだけ記載されていて不安でしたが、玖島城でホテルに電話すると「ホテル横の駐車場をお使いいただけます」とのことでひと安心。

専用駐車場ではありませんが「ヒルトン長崎優先」エリアが用意されています。

f:id:kog12gnyan:20211224205942j:plain

宿泊の場合のみ提携料金があり、1泊2000円です。

 

さあ、いよいよヒルトン長崎さんへ

f:id:kog12gnyan:20211224210344j:plain

 

お祝いの花であふれる1階のエントランス

f:id:kog12gnyan:20211224210521j:plain

 

印象的な木の階段

f:id:kog12gnyan:20211224210915j:plain

 

フロントは2階ですが、館内の写真は撮っていませんでした。

 

部屋に入ります

f:id:kog12gnyan:20211224211356j:plain

 

室内はこんな感じで、ここに連泊します。

f:id:kog12gnyan:20211224211453j:plain

どこもかしこも新品できれいなので、汚したり傷つけたりしないか気を使ってしまいます。

鏡がシンクの正面にないのは、ちょっと不思議な感じ。

f:id:kog12gnyan:20211224211556j:plain

 

お風呂も広いです。

f:id:kog12gnyan:20211224211921j:plain

f:id:kog12gnyan:20211224211940j:plain

 

部屋の奥から見た室内

f:id:kog12gnyan:20211224212320j:plain

水回りは引き戸で個室化できます。

テーブルと椅子は部屋飲みにグッド!

 

部屋からの景色

トンネルからつながる線路は来年開業予定の西九州新幹線のものと思われます。

f:id:kog12gnyan:20211224212702j:plain

駐車場の奥に見えるのは「長崎警察署」、後ろ(写真左)の建物は「NBC長崎放送

長崎駅西口前の一帯は、長崎警察署、NBC長崎放送ヒルトン長崎、出島メッセ長崎だけで一般のお店はなく、一番近いお店は長崎駅のコンビニです。

 

11階エグゼクティブラウンジのカクテルタイム(17:00~19:00)に行って見ましたが、とっても混んでいるようでウェイティングリストに登録して部屋で連絡待ち・・・

19時過ぎに連絡があり行って見ましたが、カクテルタイム終了後なので食べ物も終了、ワインをちょびっとだけ飲んで「ラウンジを見た」ということで早々に撤収、夕飯を探しに出かけます。

 

ホテル内の日本料理屋さんをのぞいてみましたが、予約でいっぱい!

で、外に出て見つけたのが、駅東口のJR長崎駅ビル・アミュプラザ長崎にある「広東・台湾料理上皇」さん

f:id:kog12gnyan:20211225152119j:plain

でもオーダーストップが20:15であまり時間がありません。

急ぎ注文したのが、「長崎ちゃんぽん」(990円?)

f:id:kog12gnyan:20211225152209j:plain

 

「蝦土司(4コ)」(1012円)※エビミンチのパン包み揚げ

f:id:kog12gnyan:20211225152424j:plain

以上、ご馳走さまでした。

 

ここにはユナイテッドシネマ長崎が入っていて、観ていきたかったのですが明日に備えてホテルに戻ります。

 

戻って21時過ぎ、フィットネスジム併設のお風呂(温浴施設)があるというので行って見ましたが・・・

ここでもウェイティングリスト入りでまたまた部屋で待機。

「終了時間を22時から24時に延長します」と連絡をいただくも、まだまだ待ち。

結局いつになるかわからないので、キャンセルの連絡を入れて部屋のお風呂に入りました。(部屋のお風呂も広くて快適でした)

 

※今日は開業2日目で祝前日、たくさんのゲストが一気に押しかけてきたと思われ、キャパオーバーとなっているようです。明日は少し落ち着くでしょうか。

 

明日は島原半島に向かいます。(コジカ)

 

 「孤独のグルメ」シーズン7第12話八丁堀編ではエビトーストと言っていた「ハトシ」

他のお店でも頼んでみましたがこのお店が一番「孤独のグルメ」らしかった気がします。

番組を観たときから食べたかったんだけど長崎で出会うとは!

 ヒルトン長崎はオープン直後が文化の日だったせいかゲストは多いしスタッフは不馴れだしで大変な騒ぎになってました。きっとスタッフはドッと疲れが出たのでは?

お疲れさま、はハトシでビール!ですよね~

いいな~長崎 (ヒツジ)