市ヶ谷御門 江戸城めぐり No.005

2021.11.13(土)

「市ヶ谷御門跡」(東京都千代田区九段北4丁目)

JR市ヶ谷駅前交差点、かつて市ヶ谷御門桝形があった場所より城外を望む

 

近くの案内版に明治期の古写真がありました。

渡櫓は既に失われているようです。この門では高麗門と渡櫓門が平行の向きとなっていました。

 

市ヶ谷門跡の案内版

市ヶ谷門は、1636年(寛永13年)に美作津山藩(現在の岡山県)藩主森長継によって築造されました。

1871年明治4年)に市ヶ谷門は桝形石垣と橋を残して撤去され、のち桝形石垣も撤去されました。

(案内版より抜粋)

 

 

牛込御門から市ヶ谷御門へ

kog12gnyan.hatenablog.com

 

時刻は14時、市ヶ谷御門へ向かう前にお昼にします。

JR飯田橋駅近のビルに「珉珉」さんを見つけました。

珉珉セット(炒飯&餃子) 800円

ごちそうさまでした。

 

牛込御門城外の「神楽坂」を散策

 

「善國寺(ぜんこくじ)」(神楽坂の毘沙門さま)

 

「石虎」

向かって左側の「吽形(うんぎょう)」

 

向かって右側の「阿形(あぎょう)」

 

外堀沿いに戻り、市ヶ谷御門方向を目指します。

この濠は牛込濠、JR飯田橋からJR市ヶ谷までひと駅の散策です。

 

「新見附橋」

ここは江戸時代には無かった橋

 

新見附橋から牛込濠を振り返り

牛込御門方向を見ます。

 

新見附橋から市ヶ谷御門方向を見ます。

この時刻は逆光です。

今は新見附濠となっていますが、かつては牛込濠でした。

 

新見附橋を渡って城内側へ

土手の上を歩きます。

 

市ヶ谷駅が見えてきました。

有名な釣り堀(市ヶ谷フィッシュセンター)も見えます。

 

案内版がありました。

ここに見える石は市ヶ谷御門橋台の石垣の一部とのこと

 

市ヶ谷御門跡を場外から

古写真に近いアングルです。

 

城外反対側より見る市ヶ谷御門跡

手前は市ヶ谷濠

 

「江戸歴史散歩コーナー」

地下鉄南北線市ヶ谷駅の構内にある展示です。

江戸城の石垣
雉子橋(千代田区九段南)から出土した石材を使って、江戸時代初期(17世紀初頭)の「打ち込みハギ」と呼ばれる石積みの技法を再現したものである。
(案内版より抜粋)

 

床に描かれた地図

 

市ヶ谷御門、ミッションコンプリートです。

次は地図に見える「四谷御門」に向かいます。(コジカ)

 

日比谷公園(東京都千代田区)に「烏帽子石」という市ヶ谷御門に使われていた石があるそうです。

2021近江遠征その8(最終回) 長浜城、湖北のおはなし

2021.11.09(火)

近江遠征最終日、膳所を出て長浜城にやって来ました。

膳所城から長浜城まで約80km、栗東ICから名神高速に乗り、北陸自動車道の長浜ICで降りました。

13時過ぎに出発して到着は14時40分頃。膳所城跡公園前の駐車場から出た向きが悪かったのか、瀬田東ICから高速に乗る予定がいつの間にかその先の栗東ICになり、乗るまでに時間がかかりました。

 

城跡の中心部は湖畔の「豊公園」となっていて、そこの駐車場に車をとめて調査開始です。

kog12gnyan.hatenablog.com

「JR長浜駅

並行して長浜市内を散策します。

豊公園」から長浜駅で線路を越えて繁華街へ向かいます。

 

お腹が空きましたが、まずやってきたのが

海洋堂フィギュアミュージアム黒壁 龍遊館

入場料金は1000円、「生命の樹」のミニチュア展示もありました。

 

お昼抜きなので食べるところを探します。

平日(火曜日)の16時近くだからか開いているお店があまりありません。

ぐるっと歩いて見つけたのが

カフェ叶 匠壽庵 長浜黒壁店さん

昨日は「クラブハリエ(たねや)」さんのバームクーヘンで、今日は「叶 匠寿庵」さんがお昼代わりです。

店内の様子

やっと一休みです。

 

お願いしたのはまず

ふわもちどら焼き〈大人のモンブラン 税込935円

 

ぜんざい 税込990円

お昼というかおやつになってしまいましたが、美味しかったです。

ごちそうさまでした。

 

16時半近くなり時間が無くなってきましたが、長浜城の旧城門が「台所門」として移築されて残るという「大通寺」さんへやって来ました。

 

大通寺山門長浜市指定有形文化財

この立派な山門、完成したのは天保11年(1840年)で京都の東本願寺の山門を模して造られたものだそうです。

 

長浜城模擬天守長浜城歴史博物館

お城の情報が欲しかったのですが、ちょうど耐震工事中でお休みでした。

 

もう17時を過ぎました。

米原からの新幹線の時間は18時57分、急がないと!!

 

スタバ「滋賀長浜店」

長浜城から米原駅のルートから外れますが、どうしてもスタバに寄りたくてちょっとだけ寄り道。

 

米原駅周辺にはガソリンスタンドが無いそうなので、ちょっと距離はありますがレンタカー屋さん指定の「セルフステーション長浜ドームSS」で給油です。

走行距離367.6km、20.26Lで燃費は18km/Lでした。(1L、166円)

ここで17時59分! 

 

新幹線米原駅

なんとか18時半前に車を返し、新幹線に乗ります。

米原発18時57分、品川到着は21時05分です。

 

井筒屋さん「湖北のおはなし」

ギリギリの時間なのに、ひつじさんいつの間にか井筒屋さんの駅弁をしっかりGETしていました。最後のさいごに初日のリベンジです。

ちゃんと「湖北のおはなし」も確保しています。

叶匠寿庵さんのおやつから間が無いので、うちに着いてからいただきます。

 

まずは「近江の味」 税込1050円

 

 

そして名物駅弁「湖北のおはなし」 税込1200円

 

昭和62年JR東海が展開する「新幹線グルメ」として誕生。
湖北地方の名産「鴨のロースト、赤蕪、海老豆」や鶏のくわ焼き風、小芋、こんにゃく煮、玉子焼き、山ごぼう漬けなどがぎっしり詰まった味わいのあるお弁当。
「湖北のおはなし」は季節によりおこわが変わります。
旬の味をお楽しみください。

春/山菜おこわ
夏/枝豆おこわ
秋/栗おこわ
冬/黒豆おこわ

お弁当の井筒屋HPより

家まで持ってくる間に、ちょっとお豆が暴れたみたいです。

11月は栗おこわでした。さいころには飴が入っていました。

 

どちらもとってもおいしかったです。

ごちそうさまでした。

 

以上、2021近江遠征、ミッションコンプリートです。(コジカ)

井筒屋さん、旅のはじめに駅前でレンタカーを借りたときに工場(本社)を見つけたんですよね。

ジョワTVで見たお弁当娘の三宅智子さんが紹介してた「湖北のおはなし」。最後のひとつを駅の売店でゲットしました。

井筒屋さん、最高‼️

今まで食べた駅弁の中で一番おいしかった!

ところが井筒屋さんのお弁当は米原駅構内の売店か本社でしか購入できないんです。

もっといろんなところで売ってくれると嬉しいんだけどなあ。

米原に行ったら絶対的に買うことをオススメします (ひつじ)


長浜城 日本100名城<番外篇>第五回

2021.11.09(火)

今回は、滋賀県長浜市公園町の長浜城です。

1575年(天正三年)頃、小谷城攻めの功で浅井氏の旧領を拝領した秀吉さんが初めて築いたお城です。

 

長浜城模擬天守長浜城歴史博物館

1983年(昭和58年)に建てられました。

 

しかし、大坂の陣後の1615年(元和元年)に廃城となり、資材は彦根城築城などに転用されたそうです。

今も残る彦根城天秤櫓は長浜城からの移築と伝えられていますが

天秤櫓が築かれるのは、築城の開始から数年後と考えられています。彦根藩主井伊家の家譜である『井伊年譜』には、この櫓が長浜城の大手門を移築したものであると記されています。

昭和30年代の解体修理では、移築された建物であることは確認されていますが、天秤櫓の前身が『井伊年譜』の記載どおり長浜城大手門と断定するには至っていません。
(国宝・彦根城築城410年祭 2017.03.18~12.10 HPより)

とのこと。

 

 

「内堀跡」

城跡の中心部は湖岸の「豊公園」となっていて、この碑は「豊公園」交差点の一般駐車場入り口近くにありました。

 

湖岸の豊公園から駅を越えた先に

「外堀跡」

湖岸の豊公園から駅を越えた先に「外堀跡」の碑がありました。

 

商店街を抜け、大通寺さんへ

 

大通寺「台所門」

長浜城の大手門を移築したと伝えられています。

 

「台所門」を内側から

 

大通寺から豊公園に戻ります。

 

長浜城石垣出土地」の碑

説明板内容

史跡 長浜城遺跡

従来、この付近の水面下には、長浜城石垣の用石と伝えられる巨石が散在していた。
昭和44年7月、この地に湖岸埋め立て工事進められることになった。
同年11月下旬から1か月間、水底の発掘調査をしたところ、石垣の根石と認められる30数個の巨石が、延長30メートルにわたり整然と列をなしていることがわかった。
よって、ここに標石を設けて長浜城遺構の一端をしのび、郷土史研究の参考に供するものである。

昭和46年3月  長浜市教育委員会

 

琵琶湖の浜辺

右端の陸地に微かに石柱のようなものが見えるところが「太閤井戸」でしょうか。今は水位が低いので陸地になっている模様。その奥に「豊臣秀吉像」(天守閣跡)があるようです。(太閤井戸・秀吉像の存在は後で知りました)

 

水城であった長浜城、遺構はあまり残っていません。

案内版によると

城跡の遺構は、これまでの発掘調査によって石垣や掘立柱建物跡、礎石建物跡さらには舟着場らしき石組遺構等が一部発見されている。しかし、調査は部分的であり、全体の縄張りや細部の構造については、未だ解明されていない。

長浜城案内版より抜粋

とのこと。

 

長浜城、ミッションコンプリートです。(コジカ)

 

なお、この時模擬天守の「長浜城歴史博物館」は耐震補強工事のため休館中でした。

2021近江遠征その7 最終日、膳所城

2021.11.09(火)

近江遠征最終日

今朝は予報通り、雨模様。

琵琶湖マリオットホテルの部屋からの様子

 

朝一番で温泉に行き、朝食会場へ。

今朝はこんな感じ。

昨日よりは控えめ?

 

追加でヨーグルト

 

ラテとマフィンも

結局今日も食べ過ぎました。

 

チェックアウトは11時。

のんびりしていると一日が終わってしまうのですが、結局ギリギリに・・・。

 

広々としたロビー

 

ホテルの外観

結局11時になっちゃいました。

行動開始です。

 

膳所城へ

天気がよければ、滋賀県米原市の続日本100名城「鎌刃城(かまはじょう)」へ!と思っていました。

米原市公式ウェブサイトで「鎌刃城」を調べてみると

見学について

  • 城跡までは山道で、徒歩約40分かかります。
  • 城跡の入り口には獣避けのフェンスが設置されています。扉を開閉し出入りしていただいて構いませんが、通った後は必ず閉めてください。
  • 5月から11月はヤマヒルが出るので、ヒルよけスプレーや厚い靴下を準備してください。                

これは雨の日は厳しいのでは??

滑りやすいし、ヤマヒルもわんさかでたらどうしよう・・・・

ということで、今日は平らなお城を目指すことにします。

 

で、選んだのが膳所城」

琵琶湖マリオットホテルから膳所城までマップアプリで約21㎞、26分から40分と出ます。

11時に出発しましたが道が混んでいて到着は12時過ぎ、雨なのでひつじさんには車で待機してもらい、攻城へ出かけます。

 

膳所城跡公園」入り口の模擬門

小降りになってきましたがまだ傘が必要です。

 

 

kog12gnyan.hatenablog.com

城跡から見る琵琶湖

明治に破却された城跡には、ほとんど遺構がありません。

膳所城跡公園を出て城門が移築されている「膳所神社」へ

 

踏切の警報音に曳かれて行って見ると膳所神社のすぐ裏手に電車が走っています。

この電車は京阪石山坂本線でこのすぐ先に膳所本町駅があります。

 

そこからもう一つ城門が移築されている「篠津神社」をまわり、ぐるっと回って「膳所城跡公園」に戻り調査終了。

 

本丸跡から見る琵琶湖、近江大橋

 

時刻は13時、次の目的地に移動します。

レンタカーの返却時間(19時)と新幹線(18時57分発)が決まっているので、なるべく米原に近い場所ということで「長浜城」を目指します。(コジカ)

 

膳所城 日本100名城<番外篇>第四回

2021.11.09(火)

膳所城(ぜぜじょう)

今回は滋賀県大津市本丸町の「膳所城」です。

関ヶ原合戦の後、家康さんが造らせたこの城、琵琶湖の下の方に位置する水城です。

 

本丸跡の「膳所城跡公園」入り口に建つ、模擬門

左右に石垣と水堀が残っています。(オリジナルでしょうか?)

 

模擬門脇の案内版

明治になり建物は解体・移転され、石垣も崩されてしまったのでしょうか、城跡にはあまり遺構が残っていません。

 

膳所神社

公園を出て模擬門からまっすぐ進んだ先にある「膳所神社」

正門は旧膳所城の「本丸大手門」を移築したもの

 

正門を内側から

 

膳所神社北門

この門も旧膳所城の門だったそうです。

 

膳所城北門を内側から

 

膳所神社南門

この門も旧城門かな?と思いましたが、特に説明も無く少し新しい気もするので違うのかもしれません。

 

篠津神社

膳所神社から600mの篠津神社にも旧膳所城の城門が移築されています。

篠津神社表門

この門は膳所城北大手門でした。

 

北大手門を内側から

高麗門形式の門です。

 

他にも移築されている城門があるそうです。また、膳所神社から750mの「芭蕉会館」に二重櫓が移築されていますが、wikiによると「原型をとどめていない」そうです。(見学は今回見送りました)

 

城跡に戻り南側の湖岸から望む膳所城跡

奥に見えるのが近江大橋。一見櫓のように見える建物は二の丸跡の浄水場施設のようです。

 

※気付きませんでしたが公園内に「天守閣跡」と書かれた石碑があるそうです。

 

※未確認ですが公園近くの「大津市科学館」に膳所城の模型があるらしい。また4.5キロ位離れていますが、大津市歴史博物館にも膳所城と城下町の模型があるそうです。

 

以上、膳所城ミッションコンプリートです。(コジカ)

2021近江遠征その6 ラ コリーナ近江八幡、小谷城

2021.11.08(月)

「ラ コリーナ近江八幡」へ

八幡山城から2キロほど離れた「ラ コリーナ近江八幡」に来ました。

ここは「たねやグループ」のフラッグシップ店だそうです。

 

メインショップ2階の「バーム カフェ」

コロナで席が間引きされているので少し待ちました。

 

焼きたてバームクーヘンセット @803円

セットのドリンクはひつじさんがホットミルク、コジカは冷たいミルク。

焼き立てバーム、とってもグッドです。

 

小谷城

これからどうしよう・・・バームクーヘンを食べながら考えます。

時刻は14時、今から新たなお城は厳しいかも・・・・

念のため、ここから100名城の「小谷城」を調べると約66km54分と出ます。

スタンプのある小谷城戦国歴史資料館の入館は16時半までなので間に合いそうです。

急ぎ出発します。

 

近江鉄道 八日市駅

ナビは八日市ICから名神高速道路/西宮線に乗るみたいです。

八日市ってどっかで聞いた気が・・・・

キミスイのロケ地だ!(またかよ!キミスイ

時間がありませんがちょっとだけ寄り道、八日市駅に向かいます。

駅が見えました。(助手席からパチリ)

 

キミスイで【僕】と桜良が初めて待ち合わせをしたシーンはここでした。

写真だけ撮って急ぎルートに戻ります。

八日市ICから入り、名神高速道路~北陸自動車道を進み、小谷城スマートICで降ります。

時刻は15時45分、小谷城に着きました。

 

まず小谷城戦国歴史資料館でスタンプをGETし、お城に向かいます。

麓から山に登るべきですが、時間が無いので途中まで車で上がります。

 

16時15分、駐車場に車を止めて攻城開始。暗くなってきたのでひつじさんは車で待機です。

途中下山する親子三人と会いましたが、それ以降はずっと一人です。

 

案内版には「クマ出没注意!

そういえばさっきのお子さんのリュックにはクマよけ鈴がついていました。

 

kog12gnyan.hatenablog.com

実質30分位の攻城でした。だんだん暗くなる山城をひとりで歩くのはちょっと怖いです。落城した城ということだけでなく、クマは怖いです。

途中にはこんな注意書きも・・・

「小谷山にはカモシカが生息しています。と間違えやすいのでご注意ください」

あわてないで!ということだと思いますが、よーく見て熊だったらビビりますよね。

とりあえず家に帰って「城めぐリン」を購入しました。

kog12gnyan.hatenablog.com

 

高速間違えた!

時刻は17時、ホテルに戻ります。

ホテルまではマップアプリで82km1時間17分、随分遠くまで来ていました。

小谷城スマートICから北陸自動車道に乗ったのですが、なんか違う気が・・・・痛恨のミス、逆方向でした。木之本ICで降りてUターン、仕切り直して名神高速道路の竜王ICまでひとっ走り。

 

琵琶湖マリオットホテルのインルームダイニング

ホテルに着いたのは19時もずいぶん過ぎた頃、ホテル内のプラネタリウム「デジタルスタードームほたる」の最終上映回も逃しました。レストランに行くのも微妙な時間です。

今回のプランには一人1泊2000円のホテルクレジットが付いていて、2泊なので計8000円。これが最後の使い時なのでインルームダイニングをお願いします。

シーザーサラダ   2450円
アジア風焼そば   3400円
マリオットバーガー フライドポテト付 3650円(2人でシェアするからと半分に切っていただいてあります)

合計9500円

少し時間がかかるとのことだったのでひつじさん→コジカと順番に温泉に行きましたが、思ったより早く準備していただき、コジカが戻るときにはすでに届いていました。

ホテルクレジットもコンプリート、贅沢なディナーとなりました。

とても美味しかったです。ごちそうさまでした。

 

明日は最終日、ビール片手に検討会。明日は雨の予報です。(コジカ)

小谷城 日本100名城スタンプラリー第五十五回

2021.11.08(月)

 

今回は滋賀県長浜市小谷城です。

浅井氏三代(亮政、久政、長政)の居城であった小谷城、標高495mの小谷山に築城された中世山城です。

1573年(天正元年)織田信長さんとの戦いに敗れ、浅井長政さんは自刃し落城。浅井氏の旧領を引き継いだ秀吉さんは長浜城を築き拠点としたため、小谷城は廃城となりました。

落城前に長政さんが正室お市さん、娘の三姉妹(茶々・江・初)を信長さんのもとに送ったという話は有名です。

 

黒金御門手前、首据石のそばからの景色

中央奥が1570年(元亀元年)の「姉川の合戦」の古戦場、左奥が伊吹山

 

日本100名城スタンプは「小谷城戦国歴史資料館」でGETしました。

 

小谷城戦国歴史資料館そばの追手道入り口

ここから徒歩で上がるべきですが、もう16時で時間が無いため車で番所近くまで上がります。

 

番所手前の案内版

ここで16時20分、時間制限はありませんが頂上まで行くと真暗になってしまうので、今回は本丸を目標とします。

 

番所跡」からスタートです。

城郭主要部への入り口であり、検問所がありました。

 

熊に遭遇しないことを祈りながら山道を登ります。

 

 

御茶屋跡」

番所跡のすぐ上にある曲輪で、主郭の最先端に位置する。比較的広く、曲輪の真ん中に前後に分ける低い土塁が見られる。「御茶屋」という風雅な名前には似つかない軍事施設である。

 

「御馬屋跡」の入り口にある「馬洗池跡」

 

「首据石」

1533年(天分二年)六角氏に内通したかどで殺害した、今井秀信の首をさらしたと言われる石

 

「赤尾屋敷」への別れ道

まっすぐは黒金御門、右手が赤尾屋敷への道。赤尾屋敷は1573年(天正元年)9月1日、浅井長政さんが29歳の若さで自刃した地とのこと。(今回は見学見送り)

 

黒金御門手前の「桜馬場」の説明板

 

「桜馬場」

見逃しましたが「小谷城随一のパノラマがひろがる」という琵琶湖を望む展望台とのこと。(急いでいて気づきませんでした)

 

「黒金御門跡」

大広間の入り口となる重要な門

 

「本丸」と「大広間」の説明板

 

黒金御門から「大広間跡」に入ります。

別名千畳敷とも呼ばれる、小谷城最大の曲輪跡。突き当りが本丸跡

 

大広間跡から見る「本丸跡」

南側に石垣が残っています。

 

「本丸跡」内部

天守など、城の中心となる建物があったと推定されています。

 

「本丸跡」から見下ろす「大広間跡」

 

本丸北側の「大堀切跡」

左手が「中丸跡」、右手は「本丸跡」

 

「中丸跡」を見上げる。

本丸跡までと登ってきましたが、もう少しだけ行きます。 

 

「中丸」の説明板

 


「中丸跡」の三段目(二段目?)から振り返り、本丸方向を見る。 

この時点で16時45分、攻城はここまで。戻ります。

 

戻り道からびわ湖をバックに「虎御前山」を見ます。 

虎御前山は小谷城攻めの時、信長さんが陣を張った山とのこと。

攻城時間は約30分。

ほんの一部でしたが、小谷城ミッションコンプリートです。(コジカ)

 

小谷城戦国歴史資料館でいただいたパンフレットを参考とさせていただきました。

戦国史跡 小谷城跡」(北びわこ観光)

小谷城を歩こう!!」(公益社団法人長浜観光協会