「ウルヴァリン: SAMURAI」

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

「ウルヴァリン」終わっちゃいそうなので急いでいきました。

今回の舞台は日本。 メインのヒロインおふたりはモデルさんなのでスタイル抜群です。

んが・・・ なんか日本語になったとたん(真田広之以外は)みんなたどたどしい・・・

しかも、70年前は高潔な青年だったヤシダが慾にまみれた爺さんになってる!


せっかく遠路はるばるやってきてくれたウルヴァリンに日本の人たちひどすぎま~す

こんなことなら日本になんか来なきゃよかったのにね・・・(ヒツジ)


比較的、普通の日本が描かれていました。

秋葉原とかホテルとか不思議日本の紹介よりも地方の海辺の描き方は良かったと思います。

ただ、あくまでもサイドストーリーだからか、「DISCOVER JAPAN」的な(古いか?)

ビデオで、適役がウルヴァリンの相手にしてはパンチがもう一つだったのでは?

「ペロりん」もそうですが、ボスキャラが「あれ」である必然性がコジカにはわからないんです。


(1コマ目は赤いボーダーの服が楳図さんとシンクロしたそうなのですが
 ちょっと難しいなぁ・・・・)


ヒロイン?の二人は全然知りませんでしたが、外国では有名なんでしょうね。


とは言え、ウルヴァリン日本紀行としては、なかなか良心的な作品だったと思います。


真田さんはいくつになっても、アクションがスゴイですね。(さすがJAC)

ですが、たまには爽やかなキャラの真田さんを見てみたいな、ハリウッド映画で・・・(コジカ)