「はやぶさ 遥かなる帰還」

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

世界初記録
マイクロ波放電型イオンエンジンの運用
宇宙用リチウムイオン二次電池の運用
イオンエンジンを併用した地球スイングバイ
月以外の天体からの地球帰還(固体表面への着陸を伴う天体間往復航行)
月以外の天体の固体表面からのサンプルリターン
地球と月以外の天体からの離陸(着陸と離陸としては最小の天体)

世界最遠記録
遠日点(1.7天文単位)を通過。イオンエンジンを搭載した宇宙機としては、太陽から史上最も遠方に到達(なお、2010年4月15日現在ではドーンが太陽から約2億9260万km=約1.96天文単位に到達している)
光学的手法により、自力で史上最も遠い天体への接近・到達・着陸・離陸

世界最長記録
最も長い期間を航行し、地球に帰還した宇宙機(2,592日間)
最も長い距離を航行し、地球に帰還した宇宙機(60億km)、ただし確認中
最も長い時間、動力飛行をした宇宙機、ただし確認中    (wikiより)

とっても気になっていた「はやぶさ」 

改めて見てみると、本当に凄い偉業でした。

でも乱立する映画化企画ってどうなの・・・・

でも一本くらいは観てみようということで

渡辺謙さんが主演のこの作品を選んでみました。


うーん、現実はそんなに「ドラマ」チックではないので

いろいろ肉付けするのですが・・・・実際はわかりませんが

社会問題も踏まえてはいますが・・・・

無理無理な感じがしました。

モデルとなった人がいるのなら・・なんて思っているのでしょうか?

気になるところです。くすぐったいかなぁ。


凄いことをやっていても、現場って地道な作業の積み重ねなんですよね。

こんなに長い衛星プロジェクトだとほとんどの時間は「データチェック」かもしれません。


終盤のイオンエンジンの件、相互補完をはじめから用意していたとか


堂々と言えばいいのに・・・ と思います。うまくいったんだから・・

吉岡君のいじいじ いじけキャラはあのメーカーに不利と思います。

見せ場だから仕方ないですが・・・・


結局コジカの感想としては、謙さんも江口君もよかったけど・・・・

バラエティあふれる豪華なキャストも楽しかったけど

ごめんなさい、事実だけまとめて30分!の記録映画が良かったかもです。(コジカ)