水戸城 復元・大手門、二の丸角櫓及び土塀 日本100名城再訪

2021.11.28(日)

復元・水戸城大手門(2020.02.04完成)

古写真で見た大手門が木造でよみがえりました。

 

水戸城へ!

大手門、二の丸角櫓が木造で復元されたので、現地に確認に行きます。

東京の品川駅から特急ときわ61号に乗って茨城県の水戸へ

品川駅12:15発、水戸駅到着は13:44

日曜のお昼過ぎ、ときわ61号は空いていました。

 

水戸駅へ到着

北口へ出て、お城へ向かいます。

 

復元・水戸城二の丸角櫓及び土塀(2021.06.27完成)

水戸駅北口歩道橋からみる復元・二の丸角櫓及び土塀

駅からは建物の陰となって見えませんが、歩道橋を進み対岸まで行くと、白く輝く角櫓と土塀が見えてきます。

 

お城へ向かいます。

三の丸弘道館前から続く橋を渡り、二の丸入り口の大手門へ

以前は車の通る道路でしたが、復元のため車は通れなくなっています。

 

大手門を内側から

 

二の丸内部より見る大手門

 

続いて二の丸角櫓に向かいます。

 

二の丸角櫓への通路の入り口

学問の水戸藩だからか城跡には本丸に高校、二の丸にも別の高校、中学、小学校、幼稚園があり、三の丸にも別の小学校があります。二の丸角櫓へは、そんな学校の敷地の隙間の狭い「歩行者通路」を通ります。

けっこう距離があります。

 

二の丸角櫓到着

二重二階の「角櫓」を中心に左が「東多聞櫓」、右が「北多聞櫓」という構成です。

 

北多聞櫓内部

見学は北多聞櫓が出入口となっていて、入館無料です。

 

角櫓内部

二階は非公開です。

 

二の丸角櫓から歩行者通路(来た道)を見ます。

もし1945.08.02に戦災で焼失した「御三階櫓」が残っていたら、左手奥に見えるのかもしれません。

「御三階櫓」古写真

「歩行者用通路」の入り口の案内板に写真がありました。

 

本丸まで足を伸ばしてみます。

薬医門(現存、県指定文化財

本丸の入り口近くに移築現存しています。高校の敷地内ですが、この門までは入って見学が可能です。

 

内部から見る本丸虎口

薬医門はここの門(橋詰門)ではないかと推定されているそうです。

 

二の丸と本丸の間の空堀(国道51号線の橋の上から)

左側が二の丸、右側が本丸、堀底を走るのはJR水郡線。奥の橋が「本城橋」でかつては土橋だったそうです。

右手前の土塁上には「本丸西南角櫓」、本城橋を挟んだ反対側に「本丸北西角櫓」がありました。こちらも是非、復元していただきたいと思います。

 

ライトアップされた二の丸角櫓

ライトアップされた大手門も見たかったですが、時間の関係でまた次回。

 

水戸城の復元・大手門、二の丸角櫓及び土塀、ミッションコンプリートです。

 

帰りは水戸駅17:53発ときわ84号、品川到着は19:25です。(コジカ)