ひつじ日記 2020秋 名古屋宿泊の旅 その1 浜松のうなぎ

2020.10.18(日)

f:id:kog12gnyan:20201203215427j:plain

f:id:kog12gnyan:20201203215447j:plain

f:id:kog12gnyan:20201203215515j:plain

f:id:kog12gnyan:20201203215532j:plain

f:id:kog12gnyan:20201203215556j:plain

f:id:kog12gnyan:20201203215618j:plain

f:id:kog12gnyan:20201203215643j:plain

f:id:kog12gnyan:20201203215714j:plain

 

2020秋 名古屋宿泊の旅 初日

 

前日の土曜日に小田原から帰って、今日から名古屋方面に出かけます。

とりあえず名古屋でホテルを2泊予約してありますがそれだけ、スケジュールはブランクです。

 

で、初日は浜松でうなぎを食べて、浜松城に行くことにしました。

浜松に停まるひかりは少なくて、10時10分品川発になんとか乗り込みました。

(次は1時間後だったかな?)

浜松到着は11時27分。

 

f:id:kog12gnyan:20201203220755j:plain

高い建物は「アクトシティ浜松」ずいぶん昔に泊まりました。

その時は車で来たと思います。(ホンダシティの時だったかも)

 

せっかく11時半前に着いたのに、この駅には手荷物預かりは無くて、スーツケースが入るコインロッカーを探していたらチョットタイムロス。

ひつじさんが調べた浜松で人気No.1のうなぎ屋さんへ急ぎます。

 

ですが・・・・・

f:id:kog12gnyan:20201203221618j:plain

あまかったです。

お昼の分は「お待ちのお客様で売切れ!」

並ばせてももらえません。

残念!!

今日は電車なので遠くには行けず、時間も無いので駅の周りで次の候補を探します。

で、決めたのが「八百徳 本店」さん

f:id:kog12gnyan:20201203222417j:plain

 

注文は「うな重」 税込み@3960円

f:id:kog12gnyan:20201203222756j:plain

うなぎって高いですね。

お昼に二人で八千円です。

美味しかったですが、そんなにたくさん食べれないので二人で「1つのうな重」でも十分でした。

ふーっ、お腹いっぱいです。

 

次は浜松城へ向かいます。

うなぎ屋さんから1.1キロと微妙な距離なので腹ごなしに歩くことにしました。

 

途中に見つけた「徳川秀忠公誕生の井戸」

f:id:kog12gnyan:20201203223613j:plain

これは本物ではなく、この辺りの井戸水が産湯に使われたという説があり、ここに作られたものだそうです。(もう一つの説は「二の丸にあった」とのこと)

 

いよいよ浜松城へ!

浜松には何回か来ているのですが、なぜか浜松城は初めてです。

kog12gnyan.hatenablog.com

 

天守曲輪では、ゆるキャラと記念撮影イベントの最中でした。

f:id:kog12gnyan:20201203224403j:plain

右端が「出世大名家康くん」、しっぽが見えてるのが「出世法師直虎ちゃん」でしょうか。

 浜松城をコンプリートして、駅へ向かいます。

帰りはバスにしました。

f:id:kog12gnyan:20201203225012j:plain

バスだと駅まですぐです。

 

駅でスーツケースをピックアップ

f:id:kog12gnyan:20201203225433j:plain

小型のスーツケースが入るサイズのロッカーを2つ確保するのは結構大変です。

今回は残り2つを確保できてラッキーでした。

 

ひかり号で名古屋に向かいます。

浜松15時31分発、名古屋16時01分着です。(コジカ)