勝瑞城 続日本100名城スタンプラリー第二十三回

2019.07.12(金)

勝瑞城 続日本100名城スタンプラリー第二十三回

今回は、徳島県板野郡藍住町勝瑞の勝瑞城です。

勝瑞は、室町時代から戦国時代に阿波の中心として栄えた守護町で、細川氏、三好氏の本拠地でした。

 

国史跡「勝瑞城館跡」

そして現在、この辺りは「勝瑞城館跡」と呼ばれ、阿波三好家の居館跡と推定される遺跡だそうです。

平成6年(1994年)度から発掘調査が始められ、調査が進むうちに貴重な歴史文化遺産であることがわかり、平成13年(2001年)1月29日に国史跡に指定されたそうです。

 

「勝瑞城」

その中にある「勝瑞城」は天正期に長宗我部氏の阿波侵攻に備えて築かれた、防御施設だと考えられているそうです。

結局、天正10年(1582年)長宗我部元親さんの侵攻を受け、三好氏は敗走。

勝瑞城は廃城となりました。

 

f:id:kog12gnyan:20191128161141j:plain

城跡のやたけ(矢竹)

矢を作るために栽培される大型のササ

 

 

続100名城スタンプは、「勝瑞発掘現場事務所 」でGETしました。

f:id:kog12gnyan:20191128161711j:plain

 

徳島、淡路をぐーるぐる!

徳島、淡路遠征初日、「徳島城」の後、徳島駅前でお昼を食べ、「勝瑞城」にやってきました。

徳島駅から勝瑞城までは約10キロ、車で20分で、到着は14:00でした。

 

濠と土塁が残る勝瑞城

f:id:kog12gnyan:20191130020039j:plain

f:id:kog12gnyan:20191130020423j:plain

往時より狭くなっているのかもしれませんが、濠に囲まれている勝瑞城。

 

城跡に建つ「勝瑞義冢(ぎちょう)碑」

f:id:kog12gnyan:20191130020525j:plain

1582(天正10)年に藍住町周辺で繰り広げられた阿波国最大の決戦「中富川の合戦」の史実と死者への慰霊文が刻まれているそうです。(現場では何の碑かわからず、よく見ませんでした)

 

「見性寺」

f:id:kog12gnyan:20191130021813j:plain

城跡は見性寺となっています。

見ませんでしたが、三好氏歴代の墓とされる4基の五輪塔(町指定有形文化財)があるそうです。

 

「勝瑞館跡」

f:id:kog12gnyan:20191130022921j:plain

発掘調査が進む、勝瑞館跡では大規模な濠に囲まれた区画が確認されていて、枯山水庭園や池泉庭園、それに伴う建物跡等が確認されているそうです。

f:id:kog12gnyan:20191130023706j:plain

まだまだ発掘調査継続中のようです。

続100名城スタンプもそんな発掘調査の基地となる「勝瑞発掘現場事務所 」でいただきました。

 

勝瑞城は、大きな館の中に急遽作られた本丸のような感じでした。

勝瑞城館全体が高低差のない「館」なので防御には向かないのかなと思います。

 

調査が進みさらに整備されると、館の全容がわかって面白くなるんだろうと思います。

 

で、ミッションコンプリートです。

 

ここでまだ14:50!

まだ陽があるので、今日三つ目のお城「一宮城」を目指します。(コジカ)